銘柄詳細 - ニュース -

お気に入り銘柄

お気に入り銘柄とは使い方を表示

  • <NQN>◇新興株21日 ジャスダックとマザーズ続伸 幅広い銘柄に物色

    <NQN>◇新興株21日 ジャスダックとマザーズ続伸 幅広い銘柄に物色
     21日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。終値は前週末比33円98銭(0.86%)高い3989円12銭となった。円安・ドル高の進行を背景に東証1部上場の主力株で構成する日経平均株価が堅調に推移したことを受け、新興市場でも幅広い銘柄に物色が広がった。日経平均が節目の2万3000円を超えて上値の重さが意識されると、新興株には相対的な値動きの軽さに着目した買いも入った。

     ジャスダック市場の売買代金は概算で585億円、売買高は9789万株だった。市場では「3月期企業の決算発表一巡で(模様眺めムードが薄れ)投資家が買いに動きやすくなったほか、ジャスダック平均も日経平均などに比べ出遅れ感がある」(ネット証券の情報担当者)との声があった。フォーサイドやハーモニック、サムライJPが上昇した。半面、エンジャパンやニューフレア、イメージワンは下落した。

     東証マザーズ指数も3日続伸し、終値は前週末比16.21ポイント(1.40%)高の1170.62だった。クラウドWやALBERT、AMIが上げた。半面、DMPやメタップス、そーせいは下げた。直近に新規株式公開(IPO)した銘柄への資金流入も目立ち、4月20日上場のHEROZは4日続伸した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • <NQN>◇新興株14日 ジャスダックが4日ぶり反発 マザーズも上昇

    <NQN>◇新興株14日 ジャスダックが4日ぶり反発 マザーズも上昇
     14日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに反発した。終値は前週末比4円72銭(0.12%)高い3983円82銭だった。好業績銘柄を中心に買いが広がった。もっとも午後は東証1部の大型株が上昇基調を強めて投資資金が移り、新興市場では指数の上値を追う動きは限られた。

     ジャスダック市場の売買代金は概算で831億円、売買高は1億1778万株だった。ニューフレアやプリント配線板設計のメイコー、エンジャパンが上昇した。半面、フォーサイドやハーモニック、ユニバーサルは下落した。

     東証マザーズ指数も4営業日ぶりに反発した。終値は前週末比1.67ポイント(0.15%)高い1146.23だった。HEROZやミクシィ、UNITEDが上昇した。一方、遺伝子解析のジーエヌアイやそーせい、アップバンクが下落した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • <NQN>◇<JQ>ニューフレアが午後ストップ高 装置引き合い順調、見通し好感

    <NQN>◇<JQ>ニューフレアが午後ストップ高 装置引き合い順調、見通し好感
    (14時10分、コード6256)半導体製造装置のニューフレアが午後に一段高となった。制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前週末比1500円(19.7%)高の9100円まで上昇した。11日に2019年3月期の連結純利益が前期比27%増の90億円になりそうだと発表し、市場予想を大幅に上回る見通しを好感した買いが広がった。

     アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(4月20日時点、4社)で、19年3月期の純利益見通しは57億円。18年3月期の連結純利益は前の期比28%減の70億円と、会社の従来予想(57億円)を上回った。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮本武郎シニアアナリストは11日付のリポートで「収益性の高いシングルビームマスク描画装置の引き合いが順調とみられる。事業環境の好転から業績の上振れを予想していたが、上振れ幅は想定以上」と評価した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • <NQN>◇新興株前引け ジャスダック・マザーズ反発 好材料銘柄に買い

    <NQN>◇新興株前引け ジャスダック・マザーズ反発 好材料銘柄に買い
     14日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前週末比3円89銭(0.10%)高い3982円99銭となった。東京市場全体が方向感に欠ける相場展開で、新興市場でも決算など好材料の出た個別銘柄を中心とした売買が続いた。

     ジャスダック市場の売買代金は概算で519億円、売買高は7511万株。今期の業績見通しが大幅増益のニューフレアや、証券会社が目標株価を引き上げたエンジャパンが上昇した。半面、精密減速機メーカーのハーモニックや遊技機大手のユニバーサルなど、時価総額の大きな銘柄が下落し、指数の重荷となった。

     東証マザーズ指数も反発した。前引けは前週末比6.21ポイント(0.54%)高い1150.77だった。携帯ゲーム大手のミクシィや、決済業務を支援するビリングシスが上昇した。一方で、4月に上場したHEROZや、アプリ紹介サイトを運営するアップバンクが下落した。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕